1. ホーム
  2. 特集一覧
  3. ≫個人にとどまらない公認会計士の活躍を目の当たりにして資格取得に向けて気持ちを高める

個人にとどまらない公認会計士の活躍を目の当たりにして資格取得に向けて気持ちを高める

公認会計士の業務内容の大きなものとして「監査業務」というものがあります。これは独占的に行う業務のことで、公認会計士の責任や役割の大きさを感じる内容ともいえるでしょう。

では、その他の業務についての詳細についても合わせて確認してみましょう。

大の字になってジャンプをする男性の後ろ姿

会計について

会計業務については、「税務業務」以外の経理一般業務を幅広く扱っています。具体的な部分についていくつか触れると、財務諸表を作成することや、財務もしくは会計に関する指導やアドバイスを行うという内容のことを言うのです。

このことでお分かりかと思いますが、重要な書類の作成や企業がより信頼性を高めるために重要な部分ともいうことができるでしょう。

コンサルティングについて

企業経営に関する立案から指導または助言など、経営や株式公開・システムについてなどコンサルティング業務の幅は非常に大きなものとなっています。

こちらにおいては、独立開業をしている公認会計士の多くが取り入れている業務内容ともいう事が出来るでしょう。

税務業務について

税務書類の作成から深刻代理や相談などを幅広く行う業務です。税務業務というと、税理士をイメージされる方も多いかと思いますが、公認会計士は税理士となる資格も有しているために、登録をすることで税理士としての業務も行えるようになるのです。

また、この業務は法人のみならず個人に対しても行う業務ですから、多くの公認会計士にとってこの業務は大きな収益となっているという背景もあるようです。

プロとして幅広い活躍をしている

それぞれの詳細を見ていただけるとお分かりかと思いますが、多岐にわたる業務に携わり活躍しているのです。そして、企業のみならず個人の生活も支えているといっても過言ではないでしょう。