1. ホーム
  2. 特集一覧
  3. ≫企業と経営のサポーターとして公認会計士の役割と存在意義について考える

企業と経営のサポーターとして公認会計士の役割と存在意義について考える

公認会計士というと、イメージの中では「書類などを作成し計算などを行っている」というものがあるかもしれません。厳密にいうと、実に幅広い業務をこなしているのが公認会計士ともいえるのです。

では、そんな業務内容のいくつかについて見ていきましょう。

握手

内部統制監査という業務について

これは、企業などにおいて、リスクの管理・業務文掌・意思決定ルールなどといった、経営に対する目標を満たすために作られた無い舞踏性システムについて、その機能状況を確認・評価するという業務になります。

読み砕くと、無い舞踏性システムの本来の姿がどうあるべきかを確認評価、そして適切な助言を行うというものになります。これは、専門家として正しい知識と認識を持つ公認会計士だからこそ出来る業務内容なのです。

コンサルティング業務について

公認会計士は、会計や財務にまつわる知識家敬家やまたは経営の情報などを活かし、企業・経営などに関する助言しどうも行うことがあるのです。

これが公認会計士のコンサルティング業務の内容となります。より高いサービスで企業を助け、本来の姿というものを考え実現を目指し支援を行う存在というものは、近年では需要も高まっているのです。

これからもさらに有用な業務となっていくともまた言われています。

企業の内側を支える仕事

IFRSというのですが、これは世界各国が採用している会計処理ルールのことを言います。各国の対応速度に若干の差はありますが、統合が進む中で公認会計士はますます活躍の幅を広げているのです。

欠かせない存在の公認会計士

このように、公認会計士は企業や経営をすると考えた上において、非常に重要な存在であるという事がいえるのです。だからこそ、そのニーズも高まっているといえるのでしょう。